和音をつかんで!

和音を弾く時に、どうしても上から押さえつけて力任せに弾こうとしてしまいます。

そこで、

「体重の重みで弾いて、鍵盤の上に何かあると思って、それをつかみ取ってみて」

つかみ取る事はできますが、

ストンと手が下に落ちてしまいます。

つかみおろしたのです。

「そうそう、うまく取れたから、下に降ろさないでつかみ上げて!!」

小さな子供さんには、3つの音を弾くだけでも大変なのに、

「体重乗っけて!」

「つかみ上げて!」

と、一体何をやらすのよ~的なのですが、

意外にもやってのけます。

物を取る様に・・とか、わかりやすい表現をするとできますね。

今日、和音の弾き方が実際には出来なくても、頭の片隅には残りましたね。

今度は、実践できるように頑張りましょう。