学校の先生

土曜日の事です。

母と一緒に実家近くのホームセンターで買い物をしていたら、

息子の小学校6年の時の担任のY先生にお会いすることができました。

「きゃ~、先生!、お葉書を書こうと思ってたんですよ~」

と何ともお友達感覚な、声かけをしてしまい、失礼してしまいました。

あまりにも思いがけず、うれしさのあまり・・・

実はこの先生は、息子達が中学を卒業する時に、

6年の時のクラス全員を食事にご招待してくださり、卒業してもなお子供達の事を心配して下さっていたのです。

とっても純粋な意見なのですが、息子は

「先生、全員を食べさせてくれて、支払い大丈夫かいの~」

と先生のお財布を心配してましたが、

「大丈夫や~!先生は一杯もうけよる!」

と私も、大胆発言。

春休み中に実現して、もちろん大喜びで出かけていったのです。

そのお礼を・・・と思いながら、お会いできてとっても良かった。

先生は

「元気で行ってますか?」

「はい、もう楽しくて仕方ないみたいで、喜んで高校に行っています。」

「それは良かった。喜んで学校に行ってくれるのが、1番やからね!」

と、やっぱり子供を1番考えて下さっています。

中学の2、3年で、教師・・には散々悩まされたので、母はうれしすぎるのです。

Y先生もですが

今の高校の先生も入学式で

「人間なので、いけない事もするでしょう。僕もいけない事をします。

 一杯叱られ、そして一杯学んで、一杯褒められ、楽しく生活しましょう。」

というお言葉。

そして、生活記録には、息子が

「今日は、ちょっと時間を無駄に使ってしまった。今度からは無駄をなくして生活したい。」

と書いたら

「無駄な時間も時には必要だよ、頑張りすぎると全てが嫌になるから、少しは息抜きを!」

なんて・・・・なかなか先生は言わないですよね!

私は、この先生がいっぺんに好きになりました。

今まで、大好きな先生は何人かいますが、私もこんな風に思われる先生でありたいです。

それには、1にも生徒、2にも生徒。

これしかないですね!