力の抜き方

ピアノを弾く時、どうしても力が入ってかたくなってしまう。

そんな悩みを抱えてる生徒さんは、沢山います。

私が生徒さんに言うのは、
 「手がだるく感じたらそこですぐ弾くのをやめる。
 やめた時が、抜けてる状態。」

だるくなるのは、力が入っているからで、それをやめる時は、だるさから解放されるためだから、力が抜けるのです。

実感してもらうには、
両腕を脇にぐっと引きつけ身体にぴったりくっつけます。
この状態は力が入っています。力を入れないと腕は脇に付きませんから。
ここから、脇を開けるためには、力を抜かないと腕は身体から離れません。

これを子供達にやってもらうと、力の入れ、抜きがちょっと感じてもらえます。

手のグー、パーもそれと同じです。
(グーが力が入り、パーが抜けた状態)

身体で覚えてもらうのが、1番ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です