教員採用、幼稚園の先生を目指す方へ

今どきの音楽教師

 

今の時代、先生はピアノを弾かず、生徒に弾かすことが多くなった学校の音楽。

我が家の娘も息子も、音楽の時には伴奏者に。

 

生徒が弾けるようになるまでは、先生が弾きますが、これが生徒にもわかる程頂けない事があるそうです。

全ての先生がそうだというわけではありませんが、

やはり、弾ける事に越した事はありません。

 

教員採用試験は、弾き歌いがメインになっています。

どうしても、ピアノがきちんと弾けないと歌をうたいながらというのは、難しいです。

そのためにも、きちんとピアノを習得して頂きたいとおもいます。

 

幼稚園の先生においても、同じ事が言えます。

まず、幼稚園では、園児が字が読めない事がほとんどなので、先生が歌ってそれを

耳で聞いて覚えて歌います。

そうすると、ここでもやはり弾き歌いです。

 

何はともあれ、幼稚園、小学校、中学校、どこをとっても弾き歌いは必須です。

 

試験に受かった後も、常に新しい曲を習得しながらも練習が付きものになってきます。

今なら、大流行の

「マルマルモリモリ」など、弾き歌いプラス踊り・・・ですよね!

どんどん流行歌なども、一緒に練習していきませんか?