鑑賞曲のテスト

中間テストが終わると中学生達がソワソワしだします。

期末テストの副教科の準備です。

こちら香川県の音楽のテストは、学校にもよりますが、

鑑賞曲を放送で流し、曲名と作曲者を答える問題がでます。

又は、ある1部分を聞かせてここは、どの場面でしょう!とか。

昨年の中3の学年末では、

11曲程を2,3日でまとめて聴かせ、それを試験で流したのでした。

私は、少々反発しながらも仕方がないのでCDを用意して、何度も聞かせたのです。

実際1度聞いただけの曲をどんどん流して、答えられるものなのでしょうか?

いやいや絶対無理でしょう。

今は、パソコンで好きなだけ聴けるから、初めからそのつもりで聴かせているのか?

でもそれでいいのかな~?

生徒さんの中には、まだパソコンを自由に使えないご家庭もあり、

できない人もいるでしょうに。

私は、できるだけCDを貸し出して、聴けるようにしてあげていますが、

もっと、学校でゆったり聴けないのでしょうかね!

早めに皆が準備しようとする事はとてもいいことだけど、

はて?

学校の音楽の授業はどうなってるのだろう。

試験だけのために音楽を聴くのって、淋しい気がするのですが。

16歳の誕生日

今日は息子の16歳の誕生日。

主人のお父さんと同じ誕生日で、生まれた時は、

「これほどの親孝行はない」

と喜ばれたのでした。

今日は、誕生日だというのに高校入学して初めての定期考査。

とりあえずケーキを用意して、パーティーは週末、娘も帰省して家族でお祝いです。

500円玉貯金をしている息子は、おばあちゃんから500円玉1本(銀行で筒状にしてあるやつ25000円分)

をお祝いにもらってました。

何ともいかしたプレゼント。

私が欲しかったりして・・

息子に朝

「チーズケーキがいい」

と言われ、せっせと焼きました。

スフレチーズケーキですが、チーズケーキは時にこんな風にひび割れます。

ま~これもありでしょ?

ハッピーバースデー

後2日、テスト頑張って下さい。

母は、こんな事位しかできませんが・・・

習い始めて9ヵ月

日によって、とってもムラがありますが、基本喜んでレッスンに来ている4才児。
もう9ヵ月になりますが、どうも音が覚えられません。
音符カードを使ったり、ノートを使ったり、試行錯誤。
「ドはどんぐりのド」
って言ってくれるのに、いざ楽譜になると『ド』だけの楽譜はよめても、『レ』が入るとこんがらがります。
『レ』が入るとわからないって事は、『ド』がきちんと覚えられてないのでしょう。

今日は又『ド』だけに絞って、カード、ノート、楽譜を読んでみようと思います。

音符の長さ

初めて習う音符は四分音符、そして初めて習う休符は四分休符。
1つ弾いて1つお休み。
四分音符はリンゴで表しますが、四分休符はウン。

リズム練習の時、ウンは手を横に広げてお休みしてるけど、それがピアノを弾き出しても抜けきれず、曲の合間で手を横に広げてます。
小さな子は、段階をふんでいかないと…。
「弾くときのお休みは手を上げるだけだよ~」

そして、四分音符・四分休符ができたら、いよいよ二分音符。

「1、2って数えてる間押さえといてー」

これがなかなかできません。
弾いてる指を私の指で押さえてます。
一度わかれば簡単ですが、数を覚えたばかりの子には、至難の技。

八分音符が出てきたら、カステラを使って説明。
これは、又の機会にお話ししますが、今二分音符で悪戦苦闘してる三人さん!

頑張って下さいね!

ピアノの音

皆さんは、レッスン室に防音はしていますか?

私は特別にはしていませんが、弾く時間(早朝、深夜には弾かない)を気にしたり、窓はきちんと閉めてひいたりしています。

何年も住んでいますが、一戸建て住宅だし、音については何も言われた事はありません。

今、私の友人は、マンションで上の階の方と大問題になっていて、精神的にも参っています。
永年に渡っていますが、ここにきて益々エスカレート。

昼間に少しでも音をだすと、上からドーンと音を立てられたり、玄関に怒鳴りこまれたり…

幸いサイレントピアノなので、それで練習ができますが、発表会の前に
「ちょっと自分の耳で確認を!」
と思って弾くと
「ドンドンドンドンドンー」。

ピアノを教える事も出来ないので、自宅レッスンはやめ、娘さんは音大生なのに、学校かサイレントピアノしか弾けません。

元々ピアノはオッケーなマンションなのに、困っています。

音は、何の興味もない人にはそんなにも邪魔なものなのでしょうか?

ピアノに限らず、生活音はマンションなど、集合住宅ではお互い様ではないのでしょうかね?

ピアノがオッケーの所でいながら、ピアノが弾けず嫌がらせをされ、仕事もできないなんて、あまりにも理不尽。

音を出す為のマナーは、気をつけているはずなのに…

親の立場子の立場

今レッスンで、仲よくお話をする生徒さんがいます。

あるレッスンの日

来た時からちょっと何かあるのかな~って感じだったので、

「どうした?」

と聞くと

「お母さんとけんかして・・・」

色々話を聞いていると

きっとそのお母さんはその子の事が心配で仕方がないんだと思うのです。

「お母さんは心配なんだよ~」

「そうかな~」

話しの内容を聞くと、昨年の私の様なのです。

昨年、娘が大学に通うのがしんどくて、下宿をしたいと言い出した時

私もあれこれ悩み、娘ともぶつかっていました。

でも、子供って親が思ってる以上に色々しっかり考えていて、

しぶしぶ下宿をさせてからは、娘も明るくなり、私もちょっと距離を置く事であまり干渉しなくなり、

とっても良い関係になれました。

先日の母の日にも、いつもありがとうとデコメールを送ってくれ、

プレゼントは、月末に帰った時に姉弟で、と。

「ありがとう」は何よりの言葉です。

それもダブって、親の気持ちもよくわかるし、娘が言ってた事と同じ様な事を言っているので、

子供の気持ちも良く分かるようになりました。

この日のレッスンは、最初に30分話し、レッスンしてその後30分程お話をして帰って行きましたが、

ちょっとは、わたしもアドバイスできたでしょうか・・・

10代後半の年の子には、多い悩みです。

子供達は、私を信頼して話してくれるし、私も親の立場を理解した上で、

少しでも子供達とお母さん達が仲良くしてくれるようにお話を聞いてあげます。

親も子も1度は通る道だから。

真似して欲しい

あゆみ先生のおうちのかわちゃんが、ちゃんと食卓でお食事をして、家族の1員になってるのを見て、是非是非真似して欲しいと思ってしまったのです。

うちのティアラは、行っている犬猫病院の甘えん坊ベスト3に入ると言われています。

常に私のひざで生活をしていまして、足がしびれると降ろします。

でも、ちょっと伸びをしたら、又やってきて

「仕方ないな~」

と又抱きます。

多分これがいけないのでしょう。

洗濯物を干してると、横でじっと外を見てます。

「クイ~ン」

「な~に?どしたん?」

そう、ここでどしたん?と聞くのがいけないんだとか。

甘やかせてしまった。

・・・のに、食卓で一緒にご飯を食べようとしてます。

休みの日や、リラ~ックスして座ってるとこの通り。

パパがつかまってしまいました。

そして、人間ベッドがあまりにも気持良くて

すぐに、「寝」の体制です。

今日から、かわちゃんになれるように修行する?

交響曲のピアノ譜

約1ヶ月程前だったでしょうか・・・

ヤマハで、何か面白い楽譜はないものか・・と座り込んでさがしてたら、

こんなのがありました。

リスト編曲のベートーベン作曲交響曲第7番  のピアノ譜

「のだめ」でよく耳にして、音楽をやってない方でも知っているこの曲。

迷わず購入。

さすがに音は沢山ありますが、おもしろい。

ちょっと時間をかけてじっくりやってみようかと。

昔から、変わった楽曲を探すのが好きで、とてもマニアックなものばかりしてきたので、

こういうのも楽しいかもです。

ソフトクリームとジェラートの旅

今日も、食べるブログです。

5月3日、香川県高松市塩江という山奥のふじかわ牧場に行き、しぼりたて牛乳ソフトを食べました。

これを目当てに車を走らせたのです。

このソフトクリームは、近くのスーパー敷地内でも食べられるのですが、生チーズケーキやしぼりたて牛乳も欲しくて、わざわざ現地まで・・・

生チーズケーキは、現在解凍中。

食べるの楽しみです。

そして、今日5月4日、徳島県阿波市阿波町にあるイタリアンジェラートドルチェに。


ここは、お気に入りでよく行っていましたが、昨年は息子の受験もあり、お預けでした。

1時間半位で行ける所ですが、どうしても休日を利用しないといけないので、今日は約1年振り。

息子は、部活。

1年行かない間に、お店が拡張されててびっくり。

素敵なお店になっていましたよ!

写真向かって左が私の、右が主人のです。

左から・・いちご、竹炭、しぼりたて牛乳、黒蜜。

他にも、むらさきいもとか、ゆず、マロン、コーヒーなど、その時々の旬ものをジェラートにしています。

全部で15種類位あったでしょうか?


2日連続でちょっと疲れましたが、今まで遊べなかった分を取り戻した感じです。


明日は、主人の実家の丸亀に行き、嫁をしてきます。

ゴールデンウィークも終盤、かなり充実した休みで楽しいです。

学校の宿題

ゴールデンウィーク中の学校の宿題がたっぷり出ています。

その中の1つが、家庭科の「野菜を使ったお菓子又は料理」のレポート

唯一私に頼ってきた宿題。

早速レシピ本から選ばせ、準備です。

作るのは息子です。

私は、横で指導を!・・・という事にしときましょう。

いや、本当に息子が炒めたり混ぜたりしました。

男の子でもお料理はできなくてはね。

キッシュは息子の大好物で、やっぱり自分が好きそうなの選んでます。

高校になっても、中学みたいに写真などを使って、レシピ紹介しましょう。

なんて宿題が出るとは思ってなかったので、

こっちが張り切ってしまいました。

作らない事にはレポートできないですからね!

できあがりました。

超簡単なので、息子もびっくりするくらいでした。

「え~、これだけ!」

なんて言ってましたが、

お料理ってこんなものですよね。

意外と、材料の計量とか準備に手間がかかるだけで、作りだすとあっと言う間にできたりして。

結構満足してましたよ!